ブログトップ

Classic Farm

musicfarm.exblog.jp

<   2012年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

梅雨

雨雨雨の毎日です
a0149612_16473486.jpg

農園付近では、造成後の田圃が土砂崩れを起こしたりしています

例年に比べ、雨量がかなり多いみたいですので

水の管理に気をつけないといけません

そんな中、湿気を嫌う新入生の山羊ちゃんは

メーメ~と、小屋から外に出るチャンスを

おもむろに空を見上げながら待っています

そして、雨が上がるやいなや
a0149612_16443055.jpg

これでもか!!とゆうほど草を食べまくり・・・
a0149612_1645065.jpg

採種用の畑にも乱入し、母におこられますが

やはり、そんなことはお構いなしに食べ続けます・・・(笑)
[PR]
by classicfarm | 2012-06-27 16:48 | トカラ山羊 | Comments(0)

藻発生

藻(アオミドロ)発生です
a0149612_20261510.jpg

a0149612_20264323.jpg

梅雨時には、毎年発生します

苗が小さい時には、風や水流によって藻と絡んで倒れたりしますが

このくらい成長した後であれば、大丈夫です

藻が発生すると水温の低下につながり

分けつに影響が出ますが、その分、雑草も抑制してくれ

光合成を活発に行った後は、翌年の肥料にもなってくれます

田圃では、人間の都合によって良し悪しが判れ

藻に対しても、一発除草薬等が販売されていますが

一連の流れをよくよく観察してみると、収量に影響が出ないばかりか

薬剤を使用したばかりに、環境バランスが崩れてしまうことのほうが

リスクは大きいように感じます

そのままにしておくと全滅になるケースも確かにありますが

それ以前に、たくさんの薬剤を使用し

土壌バランスが取れなくなったことにより

植物が本来持っている生命力を発揮できなくなり

(免疫力が下がることにより)

虫に負けたり病気になったりしていることが大半です

この田圃の状況は、人間社会の縮図のように感じています
[PR]
by classicfarm | 2012-06-26 20:52 | イセヒカリ 栽培 | Comments(0)

イネゾウムシ発生

梅雨の真っただ中の田圃では

昨年に引き続き、イネゾウムシが発生しています
a0149612_20162566.jpg

養分を吸われた箇所は黄色くなっています
a0149612_20181824.jpg

1株の苗に4.5匹ついています

拡大すると
a0149612_20205464.gif

名前の由来が解ります・・・

苗が成長、固くなると養分を吸えなくなるので

自然といなくなります

それまでは、じっと我慢のイセヒカリです
[PR]
by classicfarm | 2012-06-25 20:06 | イセヒカリ 栽培 | Comments(0)

季節野菜と平飼いたまごBOX 

早速、皆様より

沢山のご注文を承り、ありがとうございます

美味しい旬の野菜や果物をたまごと共にお届け致します
a0149612_1232168.jpg

かぼちゃは7月上旬から収穫の予定です
a0149612_1231561.jpg

コールラビはキャベツの仲間です
そのまま皮を厚めに向いて、サラダで食べても美味しいですし
蕪と同じような料理法に適しています
a0149612_12323211.jpg

今年はブルーベリーが豊作です♪来月早々にお届け出来ます
a0149612_12322655.jpg

ブラックワンと黒翡翠鶏のたまご
手前の白いのが小若鶏のたまごです(^^♪
[PR]
by classicfarm | 2012-06-14 12:39 | 無農薬やさい栽培 | Comments(0)

季節野菜と平飼いたまごBOX 販売開始

お待たせ致しましたヾ(≧▽≦)ノ

無農薬・完熟たい肥で育った野菜と
平飼いで元気に育った鶏卵の詰合せ

季節野菜と平飼いたまごBOXの販売を開始致します

boXの内容は

季節の無農薬野菜

キュウリ・トマト・じゃがいも・大根・人参・インゲン・コールラビ・ピーマン
かぼちゃ・・・等々10種類程の詰合せ

平飼いたまご

お米などの植物性飼料をふんだんに食べて育ったニワトリのたまご
10個詰合せ

親鶏の種類とたまごの特徴は
黒翡翠(ヒスイ)鶏  翡翠色 殻の内側も淡い翡翠色
ブラックワン      濃い茶色で殻の固いたまご    
ハイラインソニア   ピンク色のたまご
ボリスブラウン    その名の通り、ブラウンで少し大きめのたまご
小若鶏(コジャッケイ)  白くて小さい頭の尖ったたまご       


価格は、3,000円(税込・送料別) 

・輸送方法  チルドゆうパック

・輸送送料  下記を参考にしてください

地域別送料
九州・四国 530円          信越・関東   890円
四国・近畿 690円          東北     1,050円
東海・北陸・沖縄 790円      北海道    1,160円

・決済方法  商品代引発送(代引手数料は農園が負担致します)         

・出荷数量   数量限定

・注文方法  住所・氏名・連絡先を
         ご記入いただき下記アドレスまで送信下さい

・配送予定  ご注文を承った後、随時発送させていただきます
※配達希望日及び希望時間帯がございましたらご指定下さい<(_ _)>

※定期発送・ギフト発送承ります♪

 生産者 自然耕舎 Classic Farm 

お問合せ/ご注文mailアドレス  classic.farm@nifty.com
[PR]
by classicfarm | 2012-06-12 17:47 | 無農薬やさい栽培 | Comments(0)

トカラ山羊

今月4日に農園の仲間入りをした

トカラ山羊のシロ&クロです

山羊を飼うことは農園開設当時からの念願でしたので

今回は御縁が繋がり、とっても嬉しいですヾ(*'∀`*)ノ

まだまだ生後2か月の赤ちゃん山羊なので

Me---♪ Me--♪ と甘えてばかりいます
a0149612_13182865.jpg

a0149612_131935.jpg

収穫したばかりの麦をバクバク食べています

トカラ山羊は、その名のとおり

鹿児島県トカラ列島原産の日本在来種です

良い写真が撮れなかったので

寿紗さんのブログから拝借しました((´∀`*))
a0149612_13364241.jpg
a0149612_13365426.jpg

皆さん、ぜひ会いにきてくださいネ♪(。・∀・)ノ
[PR]
by classicfarm | 2012-06-12 13:39 | トカラ山羊 | Comments(0)

田植を終えて12日経過しました

田圃には早くも様々な草が生えてきています
a0149612_14555223.jpg
a0149612_1456137.jpg

今年は、除草効果のあるピリミスルファンを

秋に収穫してお米となった時に影響のないよう

出穂時期までに分解され残留が無くなるこの時期に

6.7g/10a(300坪) 1回のみ散布します

勿論、人畜に対する安全性に加え、魚介類、鳥類

環境生物(ミジンコ、藻類)に対する安全性を確認しております
[PR]
by classicfarm | 2012-06-11 15:05 | イセヒカリ 栽培 | Comments(0)

ミナミノカオリ 収穫

梅雨の晴れ間をぬって

ミナミノカオリ収穫です(^_^)/
a0149612_1432458.jpg

1.5反の畑で約120kgの収穫です
a0149612_14355769.jpg

ぷっくりとハトムネになっています♪

明日以降は、天気を見計らってシートの上で天日干しをします(´∀`∩
[PR]
by classicfarm | 2012-06-10 14:25 | ミナミノカオリ 小麦 | Comments(0)

2012年 イセヒカリ 育苗・田植え まとめ

平成24年の育苗から田植までの反省会ですヽ(o'Д'o)

昨年よりも3日早い、播種後27日目の苗を移植

育苗後半全体的に成長に斑

(原因と思われる事項)

・稚苗箱を並べる間隔が狭すぎて土が詰まり新鮮な水が行き渡らず
 一部根の張りが悪く、根が黒く変色した脆い箇所あり
(改善)
 間隔及び苗床の高さをより均等にする
 別途育苗専用のビニールハウスを検討
 
・1つの苗箱に180g播種後15g前後を追播した為、密集し成長に影響
 前年との種籾脱水時間の違いにより影響が出た可能性もあり
(改善)
 1苗箱あたりの播種を170gに減らし、その後10gの種籾を追播
 種籾1袋4kgを3kgに減らし、より温湯消毒や浸種にに斑をなくす

・寒冷紗の種類(メッシュ・綿)により熱や光の浸透性に差が出る
(改善)
 寒冷紗の使用を1種類にし、成長につれ箱端苗に負担が無いよう調整

・パオパオ、寒冷紗を剥がす時期が早々
(改善)
 成長を阻害しない程度まで待つ
 剥がす時間は日の出と同時午前5時に設定

 その他

1町2反の田圃にイセヒカリ40kgの種籾を準備したため苗が余る
来年度が本年度と同等の栽培であれば30kgの種籾で十分

もち米・ネリカ米・黒毛餅・古代米 各4箱分 800g 確保

田植について

水管理の徹底
田植前に水を切り表面が出る程度で浅植え
その後、水を張る

その他、まだまだ至らないところは多々ありますが
1年に1度きりの作業ばかり、今後も心して真剣に丁寧に行っていきます

以上です (。-人-。)
[PR]
by classicfarm | 2012-06-01 17:58 | イセヒカリ 栽培 | Comments(2)